化粧品・パーフェクトワンの新日本製薬公式オンラインショップ

5,400円以上で送料無料

医薬品

  1. 今日からはじめる本気の美白

している “つもり” ではないですか?

今日からはじめる本気美白

多くの女性にとって、美白は永遠のテーマでもあります。
そして「白肌」を脅かすのが、太陽から降り注ぐ紫外線。
実は、米国皮膚科学協会では、老化の約80%が紫外線(光老化)による影響だと言われています。

紫外線量が増える季節、紫外線のことをきちんと理解して、“つもり”ケアから卒業を。

「白肌」を脅かす紫外線。
紫外線のこと、きちんと理解していますか?

  • UV-A
  • UV-B
  • PA
  • SPF

よく目にする紫外線に関するキーワード。
その意味は知っているようで知らないもの……。

大人の「白肌」を手に入れるために、正しい知識を学び、しっかりとした対策を行いましょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

夏からでは遅い
紫外線の基礎知識

UV-A波とUV-B波の違い

difference

紫外線には、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすB波(UV-B)と、それほど肌に急激な変化を与えないA波(UV-A)の2種類があります。

紫外線B波(UV-B)だけでなく、紫外線A波(UV-A)もしっかり防ぐことが、将来の自分の肌を守るうえでとても重要です。

UV-A UV-B
UV-A 乾燥・ハリ低下 UV-B シミ・ソバカス

紫外線ダメージは、シミの元となって肌に蓄積されるだけではなく、
乾燥やハリ低下の原因にもつながってしまいます。

気になる肌悩みに合わせて、PA・SPFを選びましょう。

「紫外線対策は夏になってから」と考えていませんか…?

UV-A、UV-Bの年間変動量

fluctuation

紫外線量(UV-A,UV-B)月間変動量

春は気候も良く、過ごしやすいため「まだ大丈夫」「夏になってから対応する」などと思われがちですが、
春先から紫外線の量は急増、さらに、5月には1年のうちでも晴れの日が多いため、
真夏並みの強烈な紫外線が連日降り注ぎます。

また、紫外線量の少ない冬を越えた春の肌は、一年の中で最も肌の色が明るく、
紫外線ダメージを受けやすい状態……。

早めの対策が「白肌」を守る鍵となるのです。

「隠れシミ」って?
紫外線がシミを深刻化させる

真っさらな白い紙に落ちた黒い点。
一度ついた点を落とすことが困難なように、多くの女性を悩ませるシミ
紫外線の強さがピークを迎える前に、肌を守るため早急な対応が必要です。

シミが生まれるメカニズム

mechanism

シミの主な原因は紫外線。紫外線を浴びるとまずシミのもととなるメラニンが生成されます。肌のターンオーバーが正常な場合、メラニンは古い角質とともに肌表面に上がっていき、垢となって剥がれ落ちます。

しかし、加齢やストレス、乾燥などによってターンオーバーが乱れると、メラニンが肌内部にどんどん蓄積されていき、ある日シミとなって表面に現れるのです。

UV-A UV-B

肌に潜むシミ予備軍

hide

シミはある日突然できたように感じるかもしれませんが、肌内部には予備群がたくさん潜んでいます。

シミがない肌だと思っていても、特殊なカメラで見ると表面には出てきていない「隠れシミ」が無数に。シミ予備群といわれ、ダメージが蓄積することで表面化します。

UV-A UV-B

じっくり続けることが大切

continue

シミの元「メラニン」を含む角質は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって少しずつ押し上げられ、垢となってはがれ落ちます。

一般的にこの周期は約30日ですが、年齢を重ねると約50~90日まで遅れることも。シミ対策は、じっくり焦らず続けることが一番の近道です。

UV-A UV-B

シミの元となる角質がターンオーバーによってはがれ落ちる。

※紫外線による

手遅れになる前に!
時間帯別 美白※1ケア

強烈な紫外線を感じなくても、紫外線は1年中降り注いでいるため、
対策は年中続けることが重要です。また乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下しているため、
紫外線ダメージを受けやすく、シミができやすい状態に……。

紫外線対策はUVカットだけではなく、保湿ケア・美白※1ケアもしっかり行いましょう。

  • 朝はしっかり保湿力のある
    スキンケアアイテムでお手入れを

    紫外線ダメージは肌の乾燥を加速させます。顔の中で特に乾燥しやすいのが、目元、口元、頬。首元にも潤いを忘れずに。クリームなどでマッサージをすれば、肌の血行を促すこともできます。

  • お洗濯やゴミ出しなどちょっとした外出でも
    日焼け止めや帽子で紫外線対策を

    短時間の外出でも、紫外線はじわじわと肌へのダメージを蓄積させます。
    また、曇りの日でも、快晴時の約8割の紫外線量があるので、曇りだから……と油断してはいけません。

※1:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ ※2:紫外線による