パーフェクトワンのこだわり 先進科学

「独自の配合バランス」と「届ける技術」を追求しています。

年齢肌※1のために重要なのは、エイジングケア※2に必要な成分を見極めて、必要なバランスで配合すること。
ただし、その成分が必要な場所へきちんと届かなければ意味がないと考えています。新日本製薬は、年齢肌※1のことを考え抜いた「独自の配合バランス」と、適材適所※3へ「届ける技術」に着目した製品開発に取り組んでいます。

年齢肌※1のための“独自の配合バランス”

美しい素肌へと導くために、コラーゲンをはじめ、必要な成分を厳選。
アイテムごとの特長に応じて、適切なバランスで配合しました。

適材適所※3へ“届ける技術”

肌表面に留めて潤いを保つ、すみずみまで浸透※3させるなど、
厳選した成分を適材適所※3に届ける技術を採用しています。

年齢肌※1とコラーゲンの関係に着目。厳選したコラーゲンを全ての製品に配合しています。

新日本製薬が、エイジングケア※2において特に重要だと考えるのが、皮膚の約7割を占めるといわれるコラーゲンです。しかしコラーゲンは、年齢とともに量が減少し、質も変化すると言われています。
私たちはそんな変化に対し、特性を見極めて組み合わせた「複合型コラーゲン※4」を開発。各アイテムに合わせたコラーゲンを厳選し、全製品に配合しています。

Column

コラーゲンは肌に入らない!?

コラーゲンは、3重のらせん構造を持ち、分子量がとても大きい成分。そのため、そのままでは肌に浸透しにくいのです。この特長を踏まえ、肌へ浸透※3させるための技術や、逆に浸透しないことを応用した技術など、様々な研究開発が進められています。

分子が大きいコラーゲンは浸透※3しにくい

先進技術が生み出した「複合型リフティングコラーゲンEX※5」

皮膚の約7割を占めるコラーゲン。
その特性に着目し、新日本製薬では機能が異なる7種のコラーゲンを
独自に組み合わせた「複合型リフティングコラーゲンEX※5」を配合。
角質層まで浸透させ、さらに表面で留まることで、浸透※3させた潤いを逃さず保ちます。

独自技術1 カプセルコラーゲン
独自技術2 集中保湿コラーゲン※4

※図はすべてイメージです。
※1 年齢に応じた肌のこと ※2 年齢に応じたお手入れのこと ※3 角質層まで ※4 保湿成分 ※5 整肌保湿成分 ※6 イソステアロイル加水分解コラーゲン(保湿成分) ※7 ヒドロキシプロリン(保湿成分)